2010年03月28日

焦った

特東。現在ラス目と8000点差のオーラス。ラス目がラス親なので、子の満貫振込みまでオーケー。上位二人はちょっと遠いが、1位と2位は僅差なので、あがりに来ると見ている。

g25.jpg

現在下家に6mポンされたところ。マンズのチンイツなら、マンズが河に余らないでテンパイもあるかな・・・と思った。ドラが9mなので、大体ハネ満以上。

さすがにないな・・・と思い、切る。

g26.jpg

うぇ・・・失敗だったか・・・?

g27.jpg

・・・ふう。今回は助かった。

前似たような状況で、今回のような選択をしたとき、運悪く相手の手がチンイツにまでなってて、ラスったことがあった。

でもそれは偶然で、ほとんどの場合1000〜3900の手、悪くて満貫だと思う。

ここで下家の仕掛けに対してオリるのは、ラス目に逆転されるリスクを増やすだけで、それはハネ満を振り込む可能性より大きい。・・・とわかっていても、何となく怖かった。
posted by common at 21:52| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ダマテン地獄

http://tenhou.net/0/?log=2010032502gm-0029-0000-0282564e&tw=3

g23.jpg
終盤ラス目だった対面の2600ダマに刺さった次局。さらに対面の7700ダマに刺さる。3位との差は17800。残り4局になるので、次局からは最低でも3900、できれば満貫以上を狙う方針だ。

g24.jpg
3位のリーチにオリようとしたら下家の鳴きイッツー1500に刺さる。対面もダマで張っていた。これは局が1局増えるようなものなので、ラッキー。

g25.jpg
満貫確定だけど、序盤かつ他に否定する材料がないのでリーチ。出た時に満貫直とハネ満直では、その後楽になる度合いが違うので、曲げた。結果何もなかったら下家から出ていそうだったのを止めてしまい、対面にしのがれてしまう。

g26.jpg
その次局。配牌バラバラ。どうする。点差があるので、満貫以上欲しいが・・・。

g27.jpg
手なりで進め、ヘッド2アンコ1になった。トイツ手を目指す。

g29.jpg
三暗刻まで育った!5200〜8000をあがるぜ!リーチ!

g28.jpg


g30.jpg
・・・ダマッパネに刺さる。死亡。

ダマに4回刺さり、飛んでしまった。

満貫確定、裏1かツモか一発でハネ満の手を曲げたところ、これは鉄リーだと思う。和了率が変わらず期待収支が上がる。現在の3位から直れたら別だが、満貫ツモか他からの出上がりでは、もう一回満貫クラスが必要になる。しかし、ハネツモかハネ直なら、3900直も有効になり、展開によっては2000、あるいは他家が勝手に落ちてくれる可能性まで出てくる。

今回、対面の白ポンはリーチ後で、2pを押されてあがられている。その2pが通れば、巡目が深くなって危険牌を引いても2p、1pを落としてオリきれそうだし、まだ通ってない牌も多いので、なくはないと思う。今回は攻められてしのがれてしまったが、ダンラスのリーチなので大体はオリようとしてくれると思う。攻められてもこちらは好形リーチなので、大体はいい結果になると思うが・・・。

posted by common at 07:34| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ベタオリ

http://tenhou.net/0/?log=2010032318gm-0029-0000-707a4df9&tw=2

g19.jpg

リーチ1発目に、2シャンテンなので現物を切った次巡。有効牌を引いてきた。小倉システム的には、相手リーチ+巡目で−22、自分イーシャンちょっといい好形(リャンメンリャンメンよりちょっと広いから+7、これが三面だったら最終形評価して+8↑でもいいと思う)12000親で+16。計−6だが、場況(通ってない牌がまだ多い)と親(相手が出て3900の手なら、振り込んでもツモられても同じ)を評価して、押してもいい場面。だが・・・

g22.jpg

巡目的にテンションがあがらなかったので、オリた。オリてもいい場面なので、ミスではない。

g20.jpg

流局。きれいにオリることが出来たな・・・。おや、上家の捨て牌が・・・

g21.jpg

ここぞとばかりにマウスを叩きつけ・・・ようとしてやめた。流し満貫に遭遇するのは本日二回目であり、一回目に叩きつけたからではない。叩きつけてないが。

今までネット麻雀をやってきて、イライラしてマウスを叩きつけようと思ったことは実はない。理不尽なことが起きることもあるが、そういうゲームであるし、そもそも、そういう発想がなかったのだ。なので、マウスを壊したとかそういう記述を見たとき、凄く斬新だと思い、感心していた。

早速、好形高得点リーチをかけた後に、追いかけの愚形低得点リーチに一発で振り込んだときに、マウスを持ち上げ、感情をぶつけるように叩きつけてみた。中々面白い。しかも、光学式のマウスを使っていて、不意にホイールの部分がマウスを動かすたびに光るのが、今まで不快だったのだが、叩きつけて以降あまり光らなくなった。すばらしい。

さすがに壊す勢いでマウスに当たることは以降ほとんどないだろうが、一度ぐらいはマウスを叩きつけてみるといいと思う。
posted by common at 21:14| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。