2010年03月10日

その後

433413442432344131
3−2−6−7 −300pt

記事更新後に打った結果だ。1〜3位率を下げてラス回避をする打ち方をしていれば回避できていたラスが3つはあると思うが、特に後悔はない。460回の長期計画の中で、こんなふうにラスを引きまくる期間が存在するのは想定内だ。

そして、今日朝から軽く打った。

44414
1−0−0−4 −230pt

・・・いやいや。こんなふうにラスを引きまくるのは想定内だ。後440試合後に昇段するのを目的にしてるしね。うん。

とはいえ、反省点もあった。ラスが痛いルールに適応しきれていない。フリーに行くことも考えて、普通に打つことを意識していたが、現在やっているのは天鳳。今まで天鳳で3200試合だが、実際天鳳に来たのは麻雀を始めてから50試合目ぐらい。1000試合ぐらい惰性気味に打って、そこから本気で麻雀に取り組み始めたようなものだ。自分の中で、核になる打ち方がない。

回りが何を考えて打っているかは知らないが、大体は段位ptを貯めて鳳凰卓を目指して打っていることだろう。なら、こちらも同じように段位pt効率で打ち、同じ段位ptを貯める技術で争ったほうが、上達が早くなるのではないか。

ということで、段位pt効率で打とうと思うが、どのような打ち方が段位pt効率がいいかはわからない。ひとまず、この前読んだ最強デジタル麻雀が大変参考になったので、基本的には最強デジタル麻雀・小倉システムで打っていくことにする。小倉システムはラスを引かないためにあるらしいので、天鳳とマッチしているはずだ。

その後5戦打って13243、夜5戦打って41222、+60。目標を立ててからのトータルは−470ptだが、6段に向けて動き始めた感がある。

33戦 6−6−8−13 −470pt
posted by common at 22:17| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

6段を目指す

月初めに特南で不調を引いて、240ptまで溶けたものの、ようやく960ptに復帰した。

残り240ptなら、一般卓でわざと四段に落とせば、pt効率的には五段原点に戻りやすくなる。(4位のマイナスポイントの差と、稼ぐ点数が800と760で原点までの距離があまり変わらないため)だが、四段として打つのと五段として打つのではモチベーションが違う。

ともあれ、ようやく六段が見えてきたので、今月中に六段を目指す。1040pt加点だ。

9日時点で東風197戦している。このペースなら、後400戦は今月中に打てる計算になるが・・・1時間4戦として、1日5時間ペースだ。あと一月は特に何もないが、日常生活があるので、1日3時間ペース、12戦ペースで考えることにする。これなら、最悪でも平日1時間、休日8時間×2でいい。

残り21日×12戦=252戦で、1040ptを稼ぐ。ラス率は2.4を目標にする。

マイナスポイントは、(252*24/100)*70=4233.6 端数カットして4230とする。

マイナスポイントと目標ptを足した点数を上回る点数を稼げばいいので、合計/(1位pt+2位pt)とすると、

(4230+1040)/70=75.2・・・つまり、1位75回、2位75回でいい。・・・あれ、残り100回だから、3位ぜんぜん取れないじゃん。40回ぐらいしか取れない。

無理なので、ラス率2.3を目標にする。

(252*23/100)*70=4053 端数消して4050とする。
(4050+1040)/70=72...無理。

原点スタートだったとしても、60時間程度で昇段するのは、5段時点でも厳しいってことか・・・。

どうせ暇だろうと割り切って、平日4時間、休日8時間プランも考えてみる。

残り21日、休日6日×8時間、平日15日×4時間 108時間、432回。

ラス率2.5の場合、

(432*25/100)*70=7560
(7560+1040)/70=120.85・・・

1位120回、2位120回、4位108回、残り3位で昇段できる。これは厳しいにしても、ラス率を下げれば十分現実的な数字になるだろう。

現在ラス率が2.28。トップ率も2.28しかないが、都合よくラス率が変わらず成績向上を果たした場合、

(432*22.8/100)*70=6894 4を消して、
(6890+1040)/70=113.28

これなら、1位113回、2位113回、3位108回、4位98回。平均順位2.44で達成できる。回数を増やせばもっとラスが増えても昇段可能だ。

数ヶ月前は、1日60ptぐらい稼げればすぐ鳳凰卓へいけるのかな、などと甘い考え方をしていたが、実際に計算してみると、思ったよりは難しいと思った。6段からは1位〜4位を均等に取ると、むしろポイントが減っていく。天鳳的ラス回避麻雀を意識しないといけなくなりそうだ。

打つペースは4月以降減るだろうから、7月までにに鳳凰卓を目指したい。
posted by common at 16:44| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

待ち選択

http://tenhou.net/0/?log=2010030722gm-0061-0000-1737a3c7&tw=1

g9.jpg

ペン3m待ちテンパイだが、場にマンズは高い。リーチ者の捨て牌にもマンズが高い。
東出たらポンして一旦単騎、次に別の色の待ちに変えたいが、リーチ者に自分で2スジ押したくない・・・と思っていたら、下家が1mを切ってくれる。

心境的に2m1枚ぐらいは勝負してもいい気分になる。
g10.jpg

終盤2mツモ。2mと東のシャボに受け変え。

g11.jpg
・・・3mツモったああああああ!うわああああ!俺のトップがああああああ!

残りツモ回数が少ないので、フリテンに取らずシャボ続行。そうしたら・・・

g12.jpg

対面のカン3mに刺さって3位転落。50pt差だ。

後で考えたら終盤の字牌初牌はいい待ちとは言えないので、普通にペン3m続行のほうが優秀だった。
それがまたショック。
posted by common at 12:20| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。