2010年03月04日

愚形リーチ

g1.jpg

仕掛けが入っている。フーロ数は3で−15。打点はそれぞれ5000、3000ぐらいだろう。−5。

こちらはテンパイ、愚形。巡目は8で点数が−2なので、+12。小倉システムだとトータル−8。

しかし手変わり少ないし、リーチとしか思わなかった。相手がイーシャンテン以下なら引くだろうし、特に問題はないと思っていたが・・・。

g2.jpg

7700に刺さる。−8相応のことが起きてしまった。

リーチかけた時点では、システム的にもプラマイ0ぐらいかなー、なら即リーだな、としか考えていませんでした。期待値的に愚形リーのみはあまりよくないらしいから、控えたほうがいいのか・・・って記事を書こうとしていたんですが、押し引き判断を普通に間違えていたことに書いていて気づきました。反省。

ダマにして、好形になるのを待ってから、特に危険な牌を切ることにならなければリーチ。危険牌を持ってきてたら、撤退が正解でした。

このラスは痛い。
posted by common at 10:50| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。