2010年03月23日

ベタオリ

http://tenhou.net/0/?log=2010032318gm-0029-0000-707a4df9&tw=2

g19.jpg

リーチ1発目に、2シャンテンなので現物を切った次巡。有効牌を引いてきた。小倉システム的には、相手リーチ+巡目で−22、自分イーシャンちょっといい好形(リャンメンリャンメンよりちょっと広いから+7、これが三面だったら最終形評価して+8↑でもいいと思う)12000親で+16。計−6だが、場況(通ってない牌がまだ多い)と親(相手が出て3900の手なら、振り込んでもツモられても同じ)を評価して、押してもいい場面。だが・・・

g22.jpg

巡目的にテンションがあがらなかったので、オリた。オリてもいい場面なので、ミスではない。

g20.jpg

流局。きれいにオリることが出来たな・・・。おや、上家の捨て牌が・・・

g21.jpg

ここぞとばかりにマウスを叩きつけ・・・ようとしてやめた。流し満貫に遭遇するのは本日二回目であり、一回目に叩きつけたからではない。叩きつけてないが。

今までネット麻雀をやってきて、イライラしてマウスを叩きつけようと思ったことは実はない。理不尽なことが起きることもあるが、そういうゲームであるし、そもそも、そういう発想がなかったのだ。なので、マウスを壊したとかそういう記述を見たとき、凄く斬新だと思い、感心していた。

早速、好形高得点リーチをかけた後に、追いかけの愚形低得点リーチに一発で振り込んだときに、マウスを持ち上げ、感情をぶつけるように叩きつけてみた。中々面白い。しかも、光学式のマウスを使っていて、不意にホイールの部分がマウスを動かすたびに光るのが、今まで不快だったのだが、叩きつけて以降あまり光らなくなった。すばらしい。

さすがに壊す勢いでマウスに当たることは以降ほとんどないだろうが、一度ぐらいはマウスを叩きつけてみるといいと思う。
posted by common at 21:14| Comment(0) | 天鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。