2010年07月01日

先制ピンフのみ

リーチ判断 ピンフのみは基本即リーだが・・・.jpg

3-6s埋まったらカン8sリーのみ。ただし、この手タンヤオの条件を満たさない牌が9sしかないので、すぐに得点2倍の手変わりの枚数が十分になる。3-6s引いたら打9sでテンパイはずそう。

って思ってたら、8s引いた。で、何となく3-6s弱そうだなって思った。先制のピンフのみは基本即リー有利だけど、それは平均的な良形の時だけで、場に高かったり山に薄いみたいな、平均よりも不利な良形なら大差ないんじゃないかって思ってる。統計では、実際に良い良形(場に安く、山に沢山いる。周りの手も遅いなど)や、実際は悪い良形(残り枚数が山に少ない、場に高くて周りが使いやすい)が平均化されてて、結果、先制のピンフのみは即リーって結論が出ている。

そこで、この良形の待ちはあまりよくない。かつ、その読みの精度はある程度高いって判断できたら、統計で得られた先制のピンフのみはリーチという結果を、状況に応じて変えていいんじゃないか。

見た目残り7枚のリャンメンで自分の手だけ見ると良さそうだけど、この3-6sはなんか弱そう。ここはダマ・・・!って思いながら、読みの精度に自信がなかったので、リーチボタン押した。実際、読めない場面だったら、この状況でリーチかけることが多いほど統計的に得だから、間違ってないと思う。

手をあけてみたら、3-6sはやっぱり弱かった。とはいえ、同じ場と同じ自分の手牌を与えられたら、3-6sが強いってことが起こることは少ないだろうけど、3-6sが弱いってことはあんまりなさそう。3-6sが弱い根拠は自分で1枚使ってるからってだけで、基本残り7枚の良形だし。

ちなみに、この後下家が9mのトイツ落としからいい形になってきて、追っかけられて満貫振った。

------------------------------
7/1 4:00に追記
------------------------------

3-6s弱そうに見えたのは、場にソーズがなんか高く見えたからかも。それ自体は気のせいだったけど。3-6s弱いなって思ったときに、再現性ないなとも根拠あんまりないなとも思った。そして、牌譜で見たときは、今回偶然当たってたけど、当たってなくても、こういうのダマにしようって思ったときの考え方を文章にしたいなと思ったこと。これを最低限書き忘れたのが不安だったからかはともかく、眠れなかったので追記。

あと、この状況で、3-6sを、ピンフのみでリーチするってのは、平均未満の結果になりそうって思ったことについてとか。

・ドラが自分から1枚も見えてなく、みんな使えそう

他家の打点が確実にあがる。満貫以上をぶつけられるリスクがあがる。こちらの和了率も一応あがる。

ま、安全牌切ってリーチできるなら、ピンフのみで追っかけてもちょっと得なので、これ自体は仕方ない。

・3-6sもみんな1枚は使えそう。

押してくる人からあがれる確率が下がる。和了率が落ちる。

今回3-6sみんな使えそうだなってリーチかけるかどうかのときに思ってたけど、場にソーズ高くない!?っていうのが根拠だったから、今回の場合は割りと勘違い。でも今回は結果あってた。



・3-6sそんなに山にない

自分で引ける確率が下がる。和了率が落ちる。

・・・って思ってたけど、根拠ry あと、この順目で山に残り3枚は、平均ぐらいのようです。

この全部が複合するのがまずいと思った。相手はすでに3-6sを持ってることもあり、その場合他のいい待ちでぶつけやすい。持ってなくて引かれても使われやすい。

ダマにした場合のメリットは、

・和了率があがる
3-6s使われそうとか山になさそうとか書いてるじゃん?って感じだけど、何もなければ他家3人押しだから、その中の一人が多く掴むかも。

リーチかけると、最初はオリれる公算が出来るまでは押してくるけど大体すぐオリてくる。今回高い手が出来やすいから、残った強い一人と弱い(と思ってた)3-6s,平均3500点で戦うことになるかもしれない。

追いつかれる前に、3-6sが余って押し出される確率が、押す人が減る分下がるのがちょっと怖い。

・オリれる

3-6sが弱いって思うなら、ぶつけたくない。愚形をぶつける感覚。


期待値は下がるけど、期待順位が著しく下がる展開が減る。そして、
この手で期待順位を上げられる気があまりしないと思った。(割りと気のせいだったけど)

ここまで書いたけど、この状況与えられたらやっぱ即リーが正解だと思う。相手からしたら中身不明のリーチで、追いつけなくてオリるかもしれないし。こっちが放銃するためには、相手が押してきて、テンパイ入って、当たり牌を掴まないといけない。残り局数あるし、この順目でリスク回避を考えるのは早すぎな気がした。

考え方がまた変わったら、似たような局面の似たような記事書くかも。
posted by common at 00:57| Comment(9) | 局面検討 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっげー好きな考え方で思わずコメしました。
同じ5段なのもあったかもw

ロジカルに考えられるっていいですよね。
Posted by nanashi at 2010年07月01日 19:26
いいですねー。ななしさんありがとうございます。今回の記事に書いたことは、むしろ役ありダマが有効そうな状況になったときに、書いたことを思い出して、考えるベースにする予定です。

この状況に関しての意見を結構色々書いたんですが、実は今回の例だと、満貫に振るリスクが高まろうが和了率が下がろうが、即リーのが圧倒的ってレベルで有利っぽいです。

結構和了率が下がったとしても40%はあがれそう。結構放銃率が上がっても、追いつかれる+先に相手の当たり牌掴むまでが難しいので、かなりあがっても15%超えないだろうと思われる。

その数値で、放銃素点8000点で計算してもプラスになると思うので、ひとまず期待値は正って言って良さそう。

メンピンで攻撃力微妙かと思いきや、あがりのうちツモ裏が15%もあるので、和了率50%なら100回に約7回は1300-2600をあがれて、後7回3900をあがれて、後36回は2000点程度加点して(失点せず)流せる。

リーチしたら100回に15回満貫振るような、平均よりかなりやばい状況でも、リーチしたほうが得ってことは多そうです。だからこそ、ダマのほうが期待順位が高いと判断できる状況を見出して、ダマに出来るっていうのは光ると思います。

なんていってもまだ五段なので、段位上げたいですねー。色々考えているうちに勘違いしてる部分が減っていったら、六段安定や鳳凰が見えてきそうです。

次回辺りから書き足す予定なのですが、匿名でもいいので、「ここ間違ってるかもよ!」とか、「こういう考え方は?」みたいな、取り上げてる状況に関する意見も募集しようと思うので、もし機会がありましたらどうぞ。

Posted by at 2010年07月01日 23:34
何か自分で連投ってのもあれなんですが、起きてちょっと考えたらまた意見変わりそうになって、やっぱ変わらなかったので、ちょっとだけ書き足すと、

・今回、リスクが増しててリターンも受け取りにくくなってる

・それでも、リターン>リスク

だと思ってるってことです。

平均順位を上げるならともかく、ラス回避ならリスク回避なんじゃないかって思われるかもしれないんですが、先が長いので、明示的な脅威がない現状はリターン取りに行ったほうがいいと思ってます。

東1で2000点の加点でも、平均順位やラス率に影響するので。

他には、リーチかけると満貫以上の人に狩られるリスクが増えるものの、かけないとドラ1の人にまで満貫ツモられる(リーツモドラ裏とか)リスクが増える。こっちは自分の被害まだ少ない感あるけど、これはこれで嫌だ。

リーチをかけることに潜在的なリスクがあって、今回はリスクが高いと思った。しかし、リーチをかけないことにも潜在的なリスクがある。打点取れない、全員にのびのび打たれる。ドラが全部余ってて、みんな使いやすいってことは、みんな強いってことで。1対1になってしまっても、痛い目に遭うのはせいぜい15%、勝てるのは少なくても40%。残りは流局、脇が出す、相手ツモ。

今回は、順目があって、統計的な和了率が高く、統計的な放銃率が低い。もともと、考え方のベースにすべき数値が圧倒的に有利であることを示していて、このぐらいなら変わらないっていう結論を出しました。

ただ、仕掛けが入ってたり、捨て牌が異常な人がいたりしたら、またそのとき考えることになると思います。仕掛けがドラ3のリスクとかがあがってて、仕掛けの捨て牌によってあがりやすくなってたらダマ、あがりやすくなってなかったら撤退とかもありますね。

上のは、3-6sが弱いと思っていたら、という例で、実際弱かったけど、3-6sが弱いと思うべきでない場だったと思うので、リーチします。

うーん、簡潔にまとめられず長くなってしまった。あと最低6ヶ月ぐらいはこんな感じになりそうです。
Posted by common at 2010年07月02日 16:11
いや、こんな早く返信してもらってありがとうございます。

しかしピンフがそこまで強いのは知らなかったですw
平均3500点なんで、稀に8000、たまに3900、普通700・1300、残念2000位の感覚だったんですが、
3900以上の確率が15%超えてるんですね。

これは益々ピンのみダマがしづらくなったw


でも、ピンフはリーチが基本だからこそ、例外的なピンフをダマれる人は光りますよね。
その例外の指標として本文にあげているものは正しいと思います。
後はその指標を判断するための具体的な判断基準を作っていくといいのかも。




話しは逸れますが、愚形リーのみについて。

科学する麻雀と、赤入りの場合の放銃点を加味して、
流局、振り込み、アガリ、リーチをしない事によって他家が先制リーチをしてしまう事に対するオリ、こちらがリーチをする事によって他家がオリる事になるプラス効果
等、全てを考えて

「大雑把に」(ここ重要ですwww)

計算したらこんなのになりました

5順目糞リー:11順目ピンフ:5順目聴牌リーチせず
-495点:+300点:−500点

11順目ピンフとは、5順目のカンチャンリーのみを、聴牌取らずイーシャンテン戻しした時に聴牌する牌が7種あった時に、平均11〜12順で聴牌するという仮定の元で出しました。
この期待値の中には、その途中で他家からリーチが来てベタオリになるものなども含まれています。

5順目聴牌リーチせずは、カンチャンリーのみを聴牌だけはとるが、リーチはかけず、他家からの先制でベタオリ、ツモのみに期待するものです。


勿論細かい数字や要素、全てを考慮できたわけではないのですが、統計でのカンチャンリーのみの期待値が約−500であり、ピンフリーチが約880点
(リーチをかけられた時の期待値平均が880点であり、11順目ということ、ベタオリになる可能性等も含めるとかなり下がる)
なので、そこまで大幅な誤差はでていないのではないかと、半分祈っているのですがw



実際にはイーシャンテン戻しをしたからとピンフ聴牌が7種もある手牌は殆ど無いので、愚形はリーのみも聴牌維持もイーシャンテン戻しも大した差がないのではないかと思っています。

ここで考えるのは、100点200点の期待値より、振り込みによる期待順位値の下げかなと。
期待順位値>>>期待値なのは明白なので、特にリーチによって他家を下ろしたい場合、自分が親の場合、といった条件が無ければ、愚形リーのみはイーシャンテン戻しかリーチせず聴牌保持が優秀ではないかと考えています。

愚形のリーのみの場合、上がった時の点数もそう大きくない(好形に比べたツモ率の減少、アガリ率の減少、それにともなう一発率の減少)と思うので、自分がアガルよりは、失点を抑える事が重要になるのではというのが、今の私の考えです。

ご意見聞かせていただけませんか?
Posted by nanashi at 2010年07月02日 17:21
というか、6段の方でしたか^^;
今ブックマークする時にタイトル見て気付きました。
何故五段とか思ったんだろう^^;
同じ5段とか言っちゃって誠に申し訳ない。
Posted by at 2010年07月02日 17:25
いえ、変えるのが面倒なので変えてないだけですw現在五段です><

平和は裏の確率が大体3割なので、あがりの3割は3900になるってことで。2割とかになる牌姿もありそうだけど、例外ってことで・・・。

愚形のリーチのみは、平均的な状況なら意味がほぼないと思います。これは、統計的に平均なってよりは、残り局数や点棒状況などによって、あがることに価値が低い局面です。なんで、愚形リーチのみになりそうなら、シャンテン以前から役かドラを狙いにいきたいところですね。

先に仮テンダマとテンパイはずしの差について語ると、牌姿や巡目によって変わってきますが、まずほとんどの牌姿で巡目が遅かったら仮テンダマ有利だと思います。手変わりする可能性がどうせ低いなら、シャンテン戻して良いテンパイ逃すよりも、うっかりあがり牌を引いてしまった時のメリットのほうが高いので。

テンパイはずすのことを語る前に、点棒、局数的に平均的な状況でリーチするときについて語ると、やっぱ待ちがいいときですよね。場に安い。山にいそう。和了率が通常よりあがりそう。出やすそう。これはリーチ打ちます。

で、テンパイはずすのは、そうじゃないとき。愚形リーのみを損しない程度に避けてきたなら、テンパイはずした後、ある程度いい手変わりになる牌が増えてることに期待したいです。愚形リーのみでもいい待ちになるとかでも、待ち2倍並に見ていいかも。

もし、2枚変わってもいいイーシャンテンになる気がしなかったら、序盤でもダマにしてオリると思います。

今回の画像のは出来すぎで、もし3-6sが埋まったら、9s打った時点で手変わり6種、得点4倍待ち2倍の手変わり3種。十分ですね。7sが5pとかに変わったら、もうかなりいいイーシャンテンに。あ、ドラも考慮したら、得点8倍の手変わり、4倍の手変わりとかありますね。

Posted by common at 2010年07月03日 00:04
後は、局を流すメリットが高いときはリーチ打ちます。振るリスクとあがるリターン、オリて追いつかれると振らないリターン。点棒状況や局数で、自分の打点無視して和了率と放銃率で決めていい場面なら、リーチ打ってもいい局が出てくるはずです。
Posted by common at 2010年07月03日 00:09
愚形のみ手リーチあんまり意味ないってのは、期待収支がとても低いので、愚形リーのみに対してまっすぐ進めないで、役をつけにいったりドラを使いにいったほうが期待収支が上がるので、避けたほうが効率いいってことで。

テンパイからでも、リーのみは得点上昇率(1000→2000→・・・倍になっても微妙)も期待値も低いので、通常よりちょっと手変わり少なくってもよくなります。

後、愚形リーのみではあがり<振込み回避かどうかについて書き忘れてました。

基本的に、子なら振込み回避(手変わり待ちor仮テン)を選択します。親なら手変わりが十分になく、十分に増えなさそうならリーチしそうです。

Posted by common at 2010年07月03日 00:25
結論としては、

順目が遅い場合、親、子にかかわらず聴牌は取る。
親ならリーチ。

順目が早い場合、子なら聴牌外し、親なら手変わりが少なくないなら即リー。

ってとこですかね。
大変参考になりました。
返信遅れてすいません^^;
Posted by at 2010年07月11日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。